写真とイラスト

みずうみにすみたい

彼女の記憶は、4歳半でカメラと共に始まりました。この先もずーっと、きっとカメラと絵筆を手放すことはないのでしょう。

みずうみにすみたい ストーリー

<写真&イラストという表現方法>
自分の考えや気持ちを表現するのに、写真とイラストが一番合っていると思っています。私は人とうまく付き合えないし、気持ちを伝えるのも苦手なので、こうやって表現しているんだと思う。悲しさとか孤独とかコンプレックスがわたしの原動力です。

<写真を撮り始めたのは4歳半>
最初に写真を撮ったのは幼稚園の時で、家にあったインスタントカメラでした。小学1年からは、お父さんの一眼レフを使いました。モデルはいつも妹で、ヘアメイクして、洋服も簡単なスタジオも自分で作りました。それが私の一番好きな遊びでした。
もっとたくさんの人に作品というか「私のきもち」を見てほしくなって、小学の時にホームページも立ち上げました。本来の自分を出せているという解放感があって楽しいです。

<これまでとこれからのこと>
6年前から個展や友だちと二人展を開いています。1年に1回はやろうと決めています。今年は東京で初めて個展をやりました。段々と海外の人にも見てもらえるといいなあと思う。個展をもっとやって「自分みたいな人間でもこうやって生きていけるんだ」って伝えたいです。

ファンの声

  • みずうみにすみたいさんの撮影した写真は、いつか見た景色の一部のような、なんとなく懐かしいような。
    そういった何気ない景色にも心が動く瞬間があるのだなと気付かせてくれる、素敵な作品です。

    by Hiro
応援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

他の作家も見る

上部へ