イラスト

KASAWIAK カサウィアック

車体のデザインを突き詰めていくと動物たちのフォルムに重なるという独自の境地を展開。KASAWIAKアニマルズは、無機質の中に生命を、生命の中に金属的な冷静さを内包しているようだ。

KASAWIAK ストーリー

<表現することは自分の一部>
もの心ついてから、いつも紙と鉛筆を持ち歩いていて、描くことそのものが日常になっていました。最初の夢は漫画家で、そのあとはオリジナルの車の絵ばかりを描いていました。20代の時は写真を撮っていたのですが、30歳になった時に、子どもの時のイラスト描きにもう一度戻ってみようと決めました。最初の作品がこの動物シリーズです。題材を動物にしたのは、自分自身が動物好きなのと誰にとっても親しみやすいと思い、決めました。

<描くときに大切にしていることは?>
“イラストレーター”というソフトには、ルノーの技術者が車体設計のために開発した「ベジェ曲線」が使われていて、そのせいか動物を描きながら車をデザインしている感覚なんです。動物を描いているけど車を描いている、みたいな。
造形のシンプルさと、曲線のなめらかさを大切にし、視覚的違和感がないように何度も何度も手直しをします。発達症特有のこだわりや完璧主義を生かすことができています。

<これからのこと>
いつもノートとペンと僕が一緒にいることは、この先もずっと同じだろうと思います。これからもますます五感を研ぎ澄ましていきたいです。多くの作品が、いろいろな形でみなさんの所に届き、楽しんでいただけたらいいなあと思っています。

ファンの声

  • どことなくメカニックな要素を感じさせるイラストは、シンプルながらもKASAWIAKさんのこだわりがつまっています。
    これからも、個性あふれるキャラクターを見られるのを楽しみにしています!

    by Hiro
応援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

他の作家も見る

上部へ