樹脂とガラス細工

eurus ユーラス

ガラスは5年くらい、樹脂を使ったモノは3年くらい前から作り始めました。周囲の人にヒントをもらいながら、オリジナリティを追求する工夫をしてきました。

eurus ストーリー

<自分流を目指すことの難しさ>
北海道の樹木や植物を集め、それを樹脂と組み合わせる作品を作っています。まったく異なる素材を組み合わせることが自分流と思っています。素材が違うので、切るにも磨くにも硬さも違うし、扱い方も変えなくてはなりません。それを一つの作品としてうまくミックスさせる作業はとても難しく、時間もかかり、苦労します。でもそれがやりがいにもなっています。作業環境が思うようにならず、その時の事情でガラスだったり樹脂だったりすることもあります。

<異種素材の組み合わせをあえて選んだ理由>
中に隠されている、触れられないもの、外見と中身が違うものが面白いと思うのです。自分が視覚的に気持ちのいいもの、たとえば、透明だったり、鮮やかな色だったりが、楽しみです。ガラスは、思い通りにならない偶然性が楽しいけれど、それを作品にするためにはどうしたらいいのかと考えていくプロセスも大事にしています。

<発達障害であることの強みは?>
周りを気にしないモードに入れれば強い集中で取り組めるのですが、逆に物凄く環境に左右されて集中力も体力も削がれてしまうこともあります。
これからは気持ちに余裕をもってもっと大きなもの、時間のかかるものに取り組みたいです。動植物モチーフを増やしていきたいけど幾何学模様にも惹かれます。いろいろな作品が生まれたらいいなあと思います。

ファンの声

  • 美しい自然の一部に溶け込み、なお存在感のある作品を生み出す技術が素晴らしいです!部屋に飾りたいけれど、触れるのがもったいないと思ってしまうくらい美しい作品です。

    by Hiro
応援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

他の作家も見る

上部へ